スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
Creative Aurvana In-Ear 3
JUGEMテーマ:ヘッドホン・イヤホン
日立マクセルのHP-CN45がお気に入りだったのですが、ある理由で衝動買いしましたCreative Aurvana In-Ear3です。
実はHP-CN45をテーブルの端にコツンとぶつけてしまい、アルミ部分が外れてしまったのです。で、よく見ると接着剤で貼り付けてあるだけなんですよね。そこで、お値段の張るものならつくりがもう少し良いはずだと安易な考えで手を出したのがこれです。
初めてのBA型ですが、ダイナミック型との違いがよくわかりません。印象としてはHP-CN45よりも音が繊細です。遮音性が高いこともあり、音量を絞っても細かい部分まで聞こえるので、結果耳に優しいのではないでしょうか。
ちなみにHP-CN45はアロンアルファで修復して使っています。
03:05 My Review comments(0) trackbacks(0)
高野路に咲く花
JUGEMテーマ:photo
高野龍神スカイラインをドライブした折に撮った紫陽花です。
いったんは通り過ぎたのですが、道路沿いに見える淡い青色がとても綺麗で引き返してきました。
そろそろ満開の時期も終わるようなのでお早めに。
「花園あじさい園」
01:59 Aurum Aura the AURIS comments(0) trackbacks(0)
2012年シーズン ウィリアムズ・ルノー再び
JUGEMテーマ:F1
個人的にはこの再結成は興味深くもあり楽しみであります。
昨今の絶好調すぎるレッドブルを脅かす存在となることを期待してしまいます。
というのも、現在のレッドブルのマシンを手掛けているエイドリアン・ニューウェイ(空力の天才やら奇才と呼ばれています)はウィリアムズ時代に通算51勝をあげており、その頃のパッケージが「ウィリアムズ・ルノー」だったのです。
同じエンジンを載せることとなるウィリアムズとレッドブル。ニューウェイの過去と現在が戦うようで不思議な感じを覚えます。
03:15 Formula One World Championship comments(0) trackbacks(0)
『剣と楓』 鬼束ちひろ
評価:
鬼束ちひろ
フォーライフミュージックエンタテインメント
(2011-04-20)

JUGEMテーマ:音楽
約1年半ぶりのオリジナルアルバムのリリースです。この4月10日にアルバム試聴会が開催され、Ustream配信を見たのですが、もう鬼束ちひろにビジュアル面は期待しないことにしました(笑)
今作『剣と楓』はオールセルフプロデュースということで、ほんとに好き勝手やってくれましたといった印象です。ブックレットにはこう記されています。
「これが 未来の 犯罪者」「私は 過去を 犯せる」
鬼束ちひろらしい表現だと思います。
内容としてはまず、良くも悪くもアルバムとして統一感がありません。今作の謳い文句にあった「原点回帰」は初期の頃を指しているわけではなかったようです。ただ、ケルト民謡やスコットランドの民謡など新しい要素も取り入れられている点では安心させられました。
最近のロック色偏重な傾向からして前作の「STEAL THIS HEART」みたいな楽曲ばかりだったらどうしようと思っていましたので・・・。
もちろん初期の鬼束ちひろを思わせる楽曲もありましたので、作風の幅が広がったと評価したいです。ひとつ要望するなら鬼束ちひろさん、ボイストレーニングしてください!

02:04 My Review comments(0) trackbacks(0)
『廃墟の鳩』 ASKA
JUGEMテーマ:音楽
2011年4月22日のリリースです。このタイミングで発表された理由のひとつには、この度の東日本大震災を受けてということがあると思います。
「いま歌う」をテーマにASKAさんなりのメッセージが発信されています。どれだけの人たちにこの歌が届けられるか。

『生きることの 喜びを 今こそ知る 人はみな』

オリジナルは「ザ・タイガース」ですね。
iTunes Storeで配信されています。


YouTubeよりレコーディング風景
22:36 My Review comments(0) trackbacks(0)
2011 F1 Grand Prix 第3戦 中国
JUGEMテーマ:F1
レース通じて抜きつ抜かれつの攻防が見られ、目が離せない決勝でした。
優勝はルイス・ハミルトン(マクラーレン)。スタート直前まで燃料漏れのトラブルを抱え、危うく「ピットスタートか?」という場面もありました。前戦でのタイヤマネージメントの失敗を覆す走りでベッテル(レッドブル)を追い上げました。
ただし、レッドブルは未だKERSに問題を抱えているにも関わらず、2位・3位を占めています。
18:03 Formula One World Championship comments(0) trackbacks(0)
2011 F1 Grand Prix 第2戦 マレーシア
JUGEMテーマ:F1
毎年サバイバルレースとなる灼熱のセパン・インターナショナル・サーキット。
今年は雨模様で気温・路面温度ともに高くはならなかったようです。決勝結果はセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が連勝、タイヤを上手く使ったドライバーが上位に残りました。レース後、アロンソ(フェラーリ)とハミルトン(マクラーレン)にペナルティが課され、小林可夢偉(ザウバー)が7位繰上げとなりました。それにしてもレッドブルはまともにKERSが機能しない状態にもかかわらずこの速さをもっているのが驚きです。
02:12 Formula One World Championship comments(0) trackbacks(0)
風力発電 青山高原ウインドファーム
JUGEMテーマ:ドライブ
三重県は津市と伊賀市に跨る青山高原を走って参りました。
お目当ては風力発電所(青山高原ウインドファーム)です。
高原道路に沿うようにそびえたつ様子は壮観でした。高さ50m、ローター直径(羽の部分でしょうか)50.5mですので近づくとその大きさに圧倒されます。
今般の震災の影響により、原発に頼ることができなくなるとなれば、風力発電も代替手段のひとつとしてさらに開発を進めるべきなのでしょう。ただ、発電施設単位での発電能力は原発の数分の1程度であるという事実がネックです。




まさにでっかいかざぐるまです。wikipediaで調べてみると、意外にも風力発電の最大の敵は「強すぎる風」だそう。規定外の風速で原動機が焼き切れてしまうのですね。

交通アクセス
上野東I.C→(国道422号)→阿保交差点左折→(国道165号)
→青山トンネル直前右折→(県道512号)→風力発電施設
02:33 Aurum Aura the AURIS comments(0) trackbacks(0)
2011 F1 Grand Prix 第1戦 オーストラリア
JUGEMテーマ:F1
バーレーンGPが中止となり、オーストラリアGPから今シーズンの開幕となりました。
レース後、ザウバーはリアウィングに技術規定違反があるとされ失格処分。小林可夢偉は惜しくも入賞を逃してしまいました。レース前に指摘改善を促すことはできなかったのでしょうか?
さて、今年のレギュレーションで目を引くのがDRS(Drag Reduction System)なるもの。手動でリアウィングを可変させることでダウンフォースをコントロールできる装置です。条件がそろった時にのみ使用できることとし、オーバーテイクの機会を増やそうというのが狙いのようです。

KERSが復活したこともあり、このオーストラリアGPでは「DRSでオーバーテイクを狙うバトン」VS「KERSで逃げるマッサ」という攻防が見られました。今後もこういった局面が多く見られれば面白いシーズンとなりそうです。
01:27 Formula One World Championship comments(0) trackbacks(0)
鬼束ちひろ 新アルバム『剣と楓』試聴会
JUGEMテーマ:音楽
公式INFORMATIONより新アルバム『剣と楓』公開と先行試聴会の案内です。
 鬼束ちひろ『剣と楓』試聴会
 日程 2011年04月10日[日]
 時間 13:00開場 14:00開演
 場所 ラフォーレミュージアム原宿
初のオールセルフプロデュースとなる今回のアルバムですが、鬼束ちひろさん・・・ジャケットだけ見るとなんとも昭和の香りがします(笑)
2011年4月20日リリース
収録曲
01. 青い鳥
02. 夢かも知れない
03. EVER AFTER
04. IRIS
05. 僕を忘れないで
06. An Fhideag Airgid
07. SUNNY ROSE
08. NEW AGE STRANGER
09. CANDY GIRL
10. 罪の向こう 銀の幕
11. WANNA BE A HAPPY WARRIOR
12. 琥珀の雪
音楽ニュースサイト natalieにはアルバム情報のほか、シングル『青い鳥』のジャケット、エッセイ『月の破片』の表紙が掲載されています。
01:09 雑記 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE

blogram投票ボタン

ポチっとブログ成分解析中
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ASKAの現在が感じられるLIVEです。
セルフカバーアルバム『君の知らない君の歌』を中心に組み立てられた内容となっています。
MY FAVORITE
NEW ENTRY
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS

全国道の駅塗りつぶし同好会

まずは地元付近から塗りつぶし開始です

道の駅総合情報 | 未知倶楽部
道の駅総合情報 | 未知倶楽部

映画のようなflashアニメ
Parts

ファンタジーRPG職業診断
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINK